2012年3月アーカイブ

みなさんこんにちは!

まだいくらか朝晩は冷えますが、日中はもう春ですね!(嬉)

 

最近、メタボ対策で毎朝1~2時間散歩しています。夏までには何とかせねば!

 

この季節はいろんな植物がきれいな花を咲かせてくれるので、デジカメ持参で散歩しています。

 

そしたら今朝、南馬込を散歩していたら・・・

 

201203211055.JPG

きれいな花を咲かせている桜の木に『うぐいす』が いたんです(^0^)/ (わかるかな?)

 

うぐいすは桜の木にも止まるんだ(笑) 

 

やったね(^-^)/

 

年度末、引き続き午後も頑張っていきましょう!

 

こんにちは!

三寒四温を繰り返しながら、春を感じる日々になりましたね。

 

季節は巡ります。

 

早速ですが皆さん、「月刊おとなりさん」をご存知でしょうか?よく区役所や出張所の窓口付近、図書館などで見かけますよね。

「月刊おとなりさん」は、(株)ハーツ&マインズ(発行人&編集長:西村敏康さん)が毎月25日に発行している、大田区品川区の地域情報誌です。地域の歴史や地域の様々なニュースを独自の視点で詳しく書かれているので、皆さんぜひご覧になってみてください。

 

こんな感じの冊子です。

 

写真.JPG

 

聞くところによると、「月刊おとなりさん」は今年で創刊29周年だそうです。

 

貫禄!

 

うちの「歩く目的」(今年で5周年)はまだまだこれからですね!(笑)

 

幸運なことに、この度、西村敏康さんからお声をかけていただいて、(有)芝原新聞販売を紹介していただくことになりました。ありがとうございます、西村さん!

 

この機会に「大田品川のこと」をもっと勉強して、地元の皆さんに「より詳しい地元の情報」をお届けできる新聞販売店を目指して頑張っていきます!

 

みなさ~ん、3/25の「月刊おとなりさん」見てくださいね~ (^0^)/

 

★☆★ご希望の方はこのブログのコメント、もしくはお電話(0800-100-0843)で申し込んでください(当社エリアの方限定)★☆★

 

 

 

こんにちは!
 
この忙しいときに何年か振りに重めの風邪をひいてしまい、本業をこなすのがやっとの1週間。やっとこさブログが書ける出来の悪い芝原(焦)
 
頑張れオレ!

先週の話ですが、大井町の「きゅりあん」で今年の春からめでたく小学生になるお子さんと親御さんをご招待して、『2012年新入学おめでとう大会』(朝日新聞社主催・小学館など協賛)がありました。
 
朝日新聞良いことやるなぁ(^^)
 
当日は、295組‐832名のご来場者さまで会場は賑わっていました。うちのスタッフSさんも今度小学生になるお子さんを連れて来ていました(^^)/ビックリ!
 
 
めでたい空気はとても気持ちが良いもんですね!
 
 
私たちもお手伝いに行って、ご来場のお子さん達に『誕生日新聞プレゼント』のご案内をしました。

310_R.JPGのサムネール画像
大盛況で、165組のお申込みがありました。みなさん、4月の中ごろにお届けしますので楽しみにしていてください。今回だけの『ドラえもんが載っている特別バージョン』ですよ~
 
 
311_R.jpg
大会が始まると、大井警察署の婦警さんと警視庁シンボルマスコットのぴーぽくんが登場し、交通安全についての話がありました。
 
みなさん信号の渡り方はよくわかったかな?
 
左右を確認して、事故に遭わないように気をつけましょうね。
 
   
 
 
次に、♪映画「1ねんせいになったら」がありました。
 
ドラえもんが登場し、小学校生活を教えてくれました。お子さんたちも少しイメージが出来たんじゃないかな?
 
 
そして、やはり今日の一番人気は、
♪ドラえもん着ぐるみショー「のび太のおばあちゃん」
 
のび太がタイムマシンで過去に戻って、今はもう亡くなっている大好きなおばあちゃんに逢いに行くという物語でした。
 
319_R.jpg
上の写真は、のび太達みんなで過去に戻って、のび太のおばあちゃんと楽しく話をしているとことです。
 
 
『大好きなおばあちゃんに会えてよかったね、のび太』と、お子さん向けの物語なのに芝原は会場で1人静かに涙を流していました(恥)お子さんたち、この純粋な気持ちをいつまでも忘れないようにしようね!
 
 
最後にドラえもんの主題歌「夢をかなえてドラえもん」と「一年生になったら」をみんなで合唱して終わりました。
 
みんな楽しかったかな?
 
たくさんお友達を作って、小学校生活を楽しく伸び伸び送ってね!
 
 
 
★☆★小学校3年生になったら、視野を広げて考える力をアップしよう!→こちら★☆★
 
 
 
 
 

こんにちは!

2/28(火)の夜、大森まちづくりカフェさん主催の「まちカフェ夜学」に行ってきました。

今回のテーマは「メディアリテラシー入門」。講師は栗原宏文先生(元愛媛大学教授・大田区中央在住)でした。先生ありがとうございました!

 

早速ですが、メディアリテラシーって何!?

 

勉強不足の芝原は、まずそこからでした(笑)

 

メディアリテラシーとは、「情報メディアを批判的に読み解いて、必要な情報を引き出し、その真意を見抜き、活用する能力のこと」だそうです。

 

学生時代から議論を交わす習慣が少ない日本人は、この点において先進国の中で遅れているそうです。

 

先日、別の研修で藤原和博先生がおっしゃっていたことを思い出しました。

 

「20世紀は成長社会で、みんな一緒に正解(欧米のマネ)を学んでいればよかったから「情報処理力」が求められていた。21世紀は、すべてのものが多様化し、変化が速く、複雑化している、ある意味正解の無い成熟社会だから、個人個人の「情報編集力」が必要。その上でブレーンストーミングにより、自分と関係者が納得する「納得解」を導くことが大切ですよ!」

 

あぁ、普段考えないことを書くと頭がイタイ・・・

 

国家権力を監視するため、市民の知る権利に応えるためにメディアがあり、そのメディアをチェックし、メディアを育てる役割を市民がする。その役割を果たすために「メディアリテラシー」という能力を私たち市民は身につけなければいけない、ということでよろしいんでしょうか?

 

私ども新聞販売店は「新聞」というマスメディアを扱っているので、今回のテーマは本当にためになりました。これを機に「メディア」について、「リテラシー」について、より意識を高めて勉強していきたいと思います。

 

ディスカッション形式のセミナーだったので、受講生の皆さんからも勉強させていただきました。皆さんありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!

 

20120228夜学②.jpg

丁寧に分かりやすく講義していただいた栗原先生(正面) 知恵熱が出ている芝原(右手前)