芝ちゃん日記 1月号

日頃より朝日新聞、東京新聞をご愛読下さいまして有り難うございます。

 

2016年もあっという間に過ぎようとしていますが、今年を振り返ると、改めて「地域の高齢化」を感じる年でした。

 

印象的だったのは今年の10月、ある大雨の朝刊時のことです。

午前3時半頃、芝原が大井ふ頭を配達中、あるご高齢の方が立入禁止の岸壁方面に向かって部屋着のまま傘をさして歩いているのを発見しました。足がずぶ濡れでしたので相当な距離を歩いていたことが分かりました。

(この辺りには住宅もないし、この時間仕事をしているのは物流関係や警備の人達ぐらいだよなぁ)と思い、心配でその方に声をかけたところ、

「私は行くところがあるから」と、その立入禁止エリアに入ろうとしました。岸壁ですのでその先は海です。

 

危険と緊急性を感じ、警察に連絡をし、パトカーが来るまでその方と話をして、無事警察官に保護してもらうことが出来ました。芝原の配達が数分前後していたらどうなっていたかと思うと本当に良かったと思います。

 

私どもは毎日朝夕刊時に区域の隅々まで回っていますがこのような事例は私どものエリアだけでも年々少しずつ増えています。

スタッフ一丸となって地域の課題解決に微力ながら貢献したいと思っておりますので2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

arumoku201701.JPG

大田区新聞販売同業組合が、日本新聞協会から「地域貢献賞」をいただきました!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shibahara-news.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1323

コメントする