芝ちゃん日記 3月号

日頃より朝日新聞、東京新聞をご愛読くださいまして有り難うございます。

 

もうすぐ春ですね。春といえば鰹、そう『初鰹』ですよね。

 

皆さまお待たせいたしました!

芝原のふるさと高知で一番人気『明神水産一本釣り藁焼き鰹たたき』の「ばら売り販売」を始めます!         

 

今回は明神水産(高知県黒潮町)から産直一括仕入れしますので、本場の味をお手頃価格、お試し価格で提供します!

 

芝原が『明神水産の鰹のたたき』をお勧めする3つの理由がこちら!

 

明神水産の一本釣り漁法は釣った鰹を傷つけず、急速冷凍の時間も非常に短いのが特徴。明神水産の冷凍保存技術は鮮度という点では生鰹より上とまで言われています。(「巻網漁法」では大量の鰹がぶつかり合い、身割れや内出血などの傷がつきやすく、また一度に大量に投入されるため冷凍ムラが生じることがあるんです)

 

藁で焼くため藁の香りが鰹の味に合っているというのもありますが、一瞬で800度の高温になり、あっという間に消え焼きすぎないことが鰹の美味しさを引き立てます。

 

釣ってから販売までを市場を通さずすべて明神水産がやっているので本場の鰹のたたきがお手頃価格でご提供できるんです。

 

3月12日のやさい市場で売り切れ無しで販売しますのでお楽しみに!

 

 

20170225.jpg

 

     初ガツオの季節到来!

芝原がおススメする本場の味をご堪能ください!

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shibahara-news.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1346

コメントする