「歩く目的」創刊に際して、地域に根差す新聞販売店だからできるサービスとして、『私たちの地域』を特集するミニコミを作ろうと思いました。

新聞屋さんならではの切り口で、地域で活躍する人たちや趣のある景色など、日常の中から非日常の瞬間を切り取った「紙面」を作りたいと思いスタートしました。

以降10年に渡り、苦労もありましたが、月に一度の「楽しみ」をご提供したいという思いで続けてきました。

新聞は情報の商品ですが、習慣の商品でもあると思います。私たちは雨の日でも風の日でも毎日できる限りいつものようにお届けすることでお客様の素敵な一日の始まりに貢献します。

『歩く目的』が読者の皆様にとって月の一度の楽しみ(習慣)になってくれていたのでしたら、たいへん嬉しいです。

これまで当店では、様々な新サービスも展開してきました。

今後は、私たちの強みでもある「新聞折込」や「デリバリー」を活用して読者の皆様が抱える「ちょっと困った」や「あったら嬉しい」などに一つ一つ真心こめてお応えしていきます。

その為にも、より皆さまと直接触れ合えるような店づくりを強化していきますので、どうぞ皆さまからのご意見ご要望もよろしくお願いいたします。

長年のご愛顧に心から感謝申し上げます。

「歩く目的」の休刊により、皆さまにご不便やご不満などございましたら、お手数をお掛けいたしますが、何なりと私どもにお申しつけけください。

芝原個人としましては「歩く目的・臨時〇〇号」を発行したいとは思っています。どうぞお楽しみに!

 

日頃より朝日新聞、東京新聞をご愛読くださいまして有り難うございます。

 

6月に大田中央店で試験的に始めた「芝ちゃんふるさと市場宅配便」の店頭販売ですが、おかげさまで延べ176人の皆さまにお買い上げいただきました。

 

本当に有り難うございます。

 

昨年の秋に父から「慣れんことをすな!」と言われながらも、少しずつ品数を増やし、店頭販売までこぎつけました。

 

今後は「千葉の今朝採れ野菜」「高知直送の新鮮野菜」「北海道直送の旬のもの」を毎週土曜の午後に店頭販売する予定です。準備が整い次第順次店頭に並びますのでどうぞご期待ください!

 

話は変わりますが、この日記を書いている今は7月14日です。ちょうど20年前の今日、ASA大田中央の所長を拝命した日です。

 

この20年間この地域(大田区品川区)で働き、生活をし、私なりにいろんな経験をしてきました。そして当時27歳だった僕ももう47歳です。こんなに時代が変化するなら20年前に戻ってやり直したいですよ(笑)

 

ですが過去を羨む暇はありませんね。

 

今の自分にとって一番大事なことは、「これから何が出来るか」です。地域に根差す新聞販売店の本来あるべき姿に向かって、できる限りのことをしていきたいです。

 

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 

20170725nikki.JPG

 

     

10年ぶりに再開した幼・小・中の同級生は、

だるま味噌を継いで社長になってました!

鰹みそと酒盗 おすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

日頃より朝日新聞、東京新聞をご愛読くださいまして有り難うございます。

 

3月から始めた『芝ちゃんふるさと市場宅配便』ですが、皆さまからご好評いただきまして有り難うございます。

私どもは、高知県、千葉県、北海道の特産物を、私ども独自のルートやネットワークを活用して、仕入を実現し、お手頃価格で皆さまにご提供しています。

この活動をもっとこの地域に拡げたいと思い、6月から『ふるさと市場宅配便』の商品をASA大田中央で試験的に店頭販売を始めました。

営業は月~土8:30~18:00です。

お時間のある時や買い物ついでなど、ぜひ来てくださいね。早い時間ならうちの看板娘が対応する場合がありますよ。

開店からまだ10日ほどですが、

「先月四国旅行に行ってきたのよ」

「前に出張で5年高知に住んでいた」

「親族に高知出身の人がいるから」

「私が高知出身なのよ」

「明神水産の鰹のたたきが大好き!」

「ミレーが好き!」

「芋けんぴが好き!」

「どれがおススメですか?」

などなど、沢山の人たちに足を運んでいただいております。皆さまとの会話の中でご要望を頂戴しながら今後品数を増やしたいと思っています。

『親孝行』や『ふるさと孝行』の思いで今後も実施していきたいと思います。

 

   nikki1707.jpeg

     高知ゆかりの楽しい仲間たちがお迎えします!

  

日頃より朝日新聞、東京新聞をご愛読くださいまして有り難うございます。

 

4月9日(日)の『やさい市場』では、不安定な天候にもかかわらず、たくさんの皆さまに来ていただきまして有難うございました。

ほぼ毎月実施している『やさい市場』では『ふるさと市場』を同時開催しておりますが、回を追うごとに、高知にゆかりのあるお客様との高知に関する会話が増えてきました。お客様からは、

「高知旅行で食べた山北みかんはあちこちで食べたみかんより美味しかったよ」

「南国市で食べた細くて四角い竹の子(四方竹だと思います)にご飯を詰めた料理が美味しかったよ。」

「私は四国に行ったことがないから、こんなに美味しい鰹があるなら一度高知に行ってみようかしら(大歓迎です!行かれるなら春か秋の鰹シーズンか、暑さが大丈夫であれば夏の『よさこい祭り』がおススメです!)」

などなど、嬉しいお言葉をたくさんいただくようになりました。

中には、私の勉強不足で

「あなた、山本一力さん(高知出身・直木賞作家)を知らないの?もっと勉強しなさい!」と笑顔でアドバイスをいただきました。

はい、もっと勉強します!

これからも皆さまとのコミュニケーションがより楽しくなるように、皆様に喜んでいただける南国土佐の名産品の増量計画中です。どうぞお楽しみに!

 

20170425meisi.jpg

 

   芝原の名刺の裏です。

 

 

日頃より朝日新聞、東京新聞をご愛読くださいまして有り難うございます。

 

3月12日(日)の「やさい市場」では、たくさんの皆様に来ていただきまして有難うございました。

 

今回は、より皆様にお買い物を楽しんでいただこうと、千葉県の新鮮野菜と高知県の名産品を数多く取り揃えました。

それらが功を奏してか、今回はなんとほとんどの野菜が30分でほぼ売り切れてしまうという、「やさい市場」始まって以来の光景を目の当たりにすることが出来ました!

 

これには私たちスタッフも反省会で興奮気味に振り返りましたが、日頃の業務とは違った達成感や喜びがありました。

 

今回は、芝原が前のめり気味に高知県の名産「鰹のたたき」「おかず生姜」「土佐の赤かつお」「芋けんぴ」などを取り揃えましたが、実は「鰹のたたき」は、昨年秋に販売したときに価格が抑えられず反響が良くなかったんです。

それでも諦めず、今回は在庫リスクを抱えながらも一括仕入れをすることで価格を抑えたり、ご高齢や独り暮らしの方が食べやすいハーフサイズを確保することが出来たことも今回の反響につながったと思います。

 

皆さんお味の方はいかがでしたか?

 

 現在「高知県公式ガイドブック2017年」を皆様にプレゼント中です。ぜひ、高知の名産と一緒に旅行気分を味わってください!

 

 

20170325arumoku.jpg

 

 銀座のアンテナショップかうちでしか扱ってないものばかりです!

日頃より朝日新聞、東京新聞をご愛読くださいまして有り難うございます。

 

もうすぐ春ですね。春といえば鰹、そう『初鰹』ですよね。

 

皆さまお待たせいたしました!

芝原のふるさと高知で一番人気『明神水産一本釣り藁焼き鰹たたき』の「ばら売り販売」を始めます!         

 

今回は明神水産(高知県黒潮町)から産直一括仕入れしますので、本場の味をお手頃価格、お試し価格で提供します!

 

芝原が『明神水産の鰹のたたき』をお勧めする3つの理由がこちら!

 

明神水産の一本釣り漁法は釣った鰹を傷つけず、急速冷凍の時間も非常に短いのが特徴。明神水産の冷凍保存技術は鮮度という点では生鰹より上とまで言われています。(「巻網漁法」では大量の鰹がぶつかり合い、身割れや内出血などの傷がつきやすく、また一度に大量に投入されるため冷凍ムラが生じることがあるんです)

 

藁で焼くため藁の香りが鰹の味に合っているというのもありますが、一瞬で800度の高温になり、あっという間に消え焼きすぎないことが鰹の美味しさを引き立てます。

 

釣ってから販売までを市場を通さずすべて明神水産がやっているので本場の鰹のたたきがお手頃価格でご提供できるんです。

 

3月12日のやさい市場で売り切れ無しで販売しますのでお楽しみに!

 

 

20170225.jpg

 

     初ガツオの季節到来!

芝原がおススメする本場の味をご堪能ください!

 

 

 

日頃より朝日新聞、東京新聞をご愛読くださいまして有り難うございます。

 

この日記を書いている今日は1月16日ですが、皆さまにお読みいただく頃にはすでにアメリカでトランプ大統領が誕生し、世界中の新聞やテレビ、ネットニュース、SNSなどを賑わせていることと思います。

 

さらにイギリスのEU離脱問題、フランスの大統領選と国民議会総選挙、オランダ総選挙、ドイツ連邦議会選挙など、今年はアメリカに負けずヨーロッパでも予想もつかないような動きがあるかも知れません。ご近所韓国で大統領は誰になるのでしょうか?国内に目を向けると今年は都議会選挙が予定されています。

 

私たちの世界は不確実、無秩序な時代に突入してしまうのでしょうか?

 

ネットの世界では『フェイク(偽)ニュース』が影響力を増しているそうです。ネットの世界では、ニュースメディアよりもSNSでニュースを読む人が増えていて、それらの影響を受けてアメリカではトランプ大統領が誕生したともいわれています。

 

私たちの世代が大きな過ちを犯して次世代に不幸な世界を引き継がないためにもジャーナリズムの担い手として確かな情報を発信する新聞業界が一丸となって頑張るときだと思います。

 

不安な新年となりましたが、今年も地域貢献第一で頑張ります!

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

arumoku201702.jpg

 

    新年会で横浜中華街に行ってきました。

 

     今年もよろしくお願いいたします。

日頃より朝日新聞、東京新聞をご愛読下さいまして有り難うございます。

 

2016年もあっという間に過ぎようとしていますが、今年を振り返ると、改めて「地域の高齢化」を感じる年でした。

 

印象的だったのは今年の10月、ある大雨の朝刊時のことです。

午前3時半頃、芝原が大井ふ頭を配達中、あるご高齢の方が立入禁止の岸壁方面に向かって部屋着のまま傘をさして歩いているのを発見しました。足がずぶ濡れでしたので相当な距離を歩いていたことが分かりました。

(この辺りには住宅もないし、この時間仕事をしているのは物流関係や警備の人達ぐらいだよなぁ)と思い、心配でその方に声をかけたところ、

「私は行くところがあるから」と、その立入禁止エリアに入ろうとしました。岸壁ですのでその先は海です。

 

危険と緊急性を感じ、警察に連絡をし、パトカーが来るまでその方と話をして、無事警察官に保護してもらうことが出来ました。芝原の配達が数分前後していたらどうなっていたかと思うと本当に良かったと思います。

 

私どもは毎日朝夕刊時に区域の隅々まで回っていますがこのような事例は私どものエリアだけでも年々少しずつ増えています。

スタッフ一丸となって地域の課題解決に微力ながら貢献したいと思っておりますので2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

arumoku201701.JPG

大田区新聞販売同業組合が、日本新聞協会から「地域貢献賞」をいただきました!

日頃より朝日新聞、東京新聞をご愛読下さいまして有り難うございます。

 

私どもは数年前から「北海道感動いちば」さんのご協力のもと「感動いちば」を、さらに今年からは千葉県木更津の農家さんのご協力のもと「芝ちゃんやさい市場」を始め、皆さまに旬の特産物や野菜などをご提供しております。おかげ様で、たくさんの皆さまにお喜びいただき、芝原としましてもうれしい限りです。

またうれしさの一方、

「南国土佐にも美味しいものはこじゃんとあるで!うちのお客様にも食べてほしいちや!」

という思いもずっとありました。

そんな今年の7月、都内某所で偶然高知県のPRブースを見かけたことによって、それまで膨らんできた思いがはじけてしまいました。

そして9月防災の日に合わせて、『保存用ミレービスケット』のご提供が実現できました。

気持ちを抑えられなくなった芝原は、10月に実家の高知に帰って家族との触れ合いもそこそこに、父からは、「慣れんことをすな!」と言われながらも、

高知では地元一番人気、11月から新宿(駅徒歩2分)に出店した、

『明神水産 藁焼き鰹たたき』

芋けんぴ全国シェア50%、日本橋コレド室町にも出店している、

『澁谷食品 芋けんぴ』

ご提供も始めました。

今後の「芝ちゃんふるさと市場」もよろしくお願いいたします!

 

20161125.jpg

大田新聞販売同業組合主催

津田大介さん『親子で学ぶメディアの可能性』講演会のあと記念撮影

 

日頃より朝日新聞、東京新聞をご愛読下さいまして有り難うございます。

 今年は台風が多かったですね。芝原は喘息持ちなので分かるんですが、台風や秋雨前線の影響で喘息が出たり体調を崩されるお子さんや高齢者の方が増えるんですよね。皆さんやご家族は大丈夫でしたか?

10月7日付朝日新聞に出ていましたが、9月は日照時間が記録的に不足し、さらに雨や台風が全国の産地を直撃したために野菜が不作、東京では野菜の価格が2倍ほどに高騰したそうです。

この影響は私どもが10月10日に実施した「芝ちゃんやさい市場」でも感じました。

全国的な野菜不足のために、仕入数の確保が厳しかったのです。

そんな中でしたが、責任者の森川さんと山田さんが木更津の農家に懸命に掛け合ってご協力を頂くことができました。さらに、長年お付き合いのある「北海道感動いちば」さんの協力を得て、10月の「芝ちゃんやさい市場」を無事実施することが出来ました。

今回もたくさんの皆さまにご来場いただきまして有り難うございました!

私どもは「芝ちゃんやさい市場」を「地域の皆様とASAスタッフが笑顔で触れ合う、月に一度のコミュニティ市場」として育てていきたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

arumoku201611.jpg

高知に帰省してひろめ市場を満喫してきたぜよ~

 

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

アイテム

  • 20170725nikki.JPG
  • nikki1707.jpeg
  • 20170325arumoku.jpg
  • 20170225.jpg
  • arumoku201702.jpg
  • arumoku201701.JPG
  • 20161125.jpg
  • 20161125大田新聞販売同業組合主催、津田大介さん『親子で学ぶメディアの可能性』講演会のあと記念撮影.jpg
  • arumoku201611.jpg

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.291